ミニチュアダックスたち30頭レスキュー/ちばわんいぬ親会



緊急レスキューのお知らせです・・・。
ミニチュアダックスを中心に30頭のレスキューです。
どのコも酷い疥癬・衰弱・脱水の中からの救出です。
残念ながら、1頭は力尽きてしまいました・・・。

現在、治療を受けながら、レスキューを受けております。
翔ママさんのブログにて、詳細が紹介されております。
(衝撃的な写真もありますので、ご注意ください)

いぬ親さま募集も開始致しました。

************************************************************
8/21(日)、雨が降りしきる中、ちばわん定例いぬ親会が行われました。
c0086746_10382954.jpg
皆様、悪天候の中、ご来場くださいまして、ありがとうございました。

また、今回開設しました、
c0086746_10384010.jpg
環境省へのパブリックコメントのコーナーでも多くの意見書をお預かりさせていただきました。

預かりました意見書は、カプアンパパさんが発送してくださいました。


引き続き、8/27(土)必着にて意見書は受け付けられています。
(要は、明日必着ですね!!)

我が家も意見書を提出致しました。

今回のレスキューのような痛ましさを起こさないためにも・・・
預かりボラさんのチビスケ母さんが書かれた「まじめな話」

預かりボラさんのchieさんが書かれた「子犬販売の裏側の現実」をぜひご一読くださいませ。

「普通のわんちゃんが当たり前に出来ることが出来ない」
chieさんが別の記事にて書かれていた一文です。

中々、ご縁に繋がらない天花(はるか)にもそれに繋がるところがあります。
c0086746_10383447.jpg
いぬ親会では、本来の姿はほとんど見せません。

それは、ヒトが怖いから。
何をされるかが分からない・・・。
でも、生きていくために「食べること」は必要だから、イヤなことはガマンしなくちゃいけない。
それが、彼女の感情を失くさせ、無表情にさせました。

預かり生活のなかで、「楽しい」・「嬉しい」「イヤ」などの感情を少しずつ出すようになりました。

それが・・・
c0086746_10384673.jpg
いぬ親会に参加すると、必ず見せる「帰ろうよー」でもあります(苦笑)

未だに、「可愛がってほしいのに、どうしたらいいかも分からない・
ホントはうれしいのに、目が合うと怖くなっちゃう」
(chieさんの一文より)
なところもあります。

楽しいときは、子犬のような感じもあります。
もう大人な歳なのに、丸で一からやり直すかのように、ゆっくりと成長して行っています。

本当の天花は、もっともっと素敵なオンナノコだと感じています。
天花の赤い糸が、どこかでぶっとく繋がることを願ってやみません。
[PR]

by Gecheasamix | 2011-08-26 11:49 | ☆ご協力のお願い☆